Sakura's Diary ゆずの香りと日々の暮らし

娘の子育てですごく役に立ったものやお勧めの旅行先について記録します

南米旅行計画編②高山病対策をたててクスコへ行こう

リマのプランを決めた後は、今回の旅の目的地その1マチュピチュf:id:yuzu_0306:20190827074139g:plainへプランを組みます。

リマからマチュピチュの玄関口のクスコへは飛行機f:id:yuzu_0306:20190827074457p:plainかバスf:id:yuzu_0306:20190827074106g:plainの選択になります。バスだと20時間強、かなり揺れる?らしい。飛行機だと、時間帯にもよるけど1時間半で1人70ドルくらい。

このクスコは高度3300mくらいのところにあり、高山病の症状が出てしまう人が多くいるところです。

f:id:yuzu_0306:20190831071851j:plain

 

私たちは、高山病対策として、このクスコについたらつぐマチュピチュに向かうことにし、飛行機でクスコに行くことにしました。(リマからダイアモックスも念のため服用)そして高山病予防のお守りは、パルスオキシメーターです。科学の力を借りました(笑) 詳しくは別記事で。

いわゆるツアー旅行では、クスコについた後、数時間クスコ観光をしてからマチュピチュに向かうものがたくさんありました。このクスコ数時間で高山病になってしまう人のブログもありました。

次は、

クスコ→オリャンタイタンボ駅  タクシー

オリャンタイタンボ→マチュピチュ駅 ペルーレール

クスコからオリャンタイタンボまでバスや乗り合いタクシーを利用すると安いですが、①なるべく早くクスコを離れたかった

②オリャンタイタンボを散策する時間をとりたかった

ので、タクシーを選択しました。

 

マチュピチュで主人がワイナピチュに登りたかったのですが、3ヶ月前では既に完売していました。f:id:yuzu_0306:20190827074221g:plainマチュピチュ山とマチュピチュ観光の空きはたくさんありましたf:id:yuzu_0306:20190827074329g:plain