Sakura's Diary ゆずの香りと日々の暮らし

娘の子育てですごく役に立ったものやお勧めの旅行先について記録します

100玉そろばんの効果を実感!1年生の足し算

100玉そろばんのすすめ

遊びの中で、楽しく数を学べるものを探していたときに見つけたのが100玉そろばんです。幼児から1年生の現在まで使っている感想をレビューします。とてもおすすめの知育玩具です。

100玉そろばんとは、

  • 大き目の玉が100個ついているそろばん
  • 数という抽象的概念を視覚的に理解できる知育おもちゃ

我が家で使っている100玉そろばんはくもんのものです。いろいろなタイプが売っていますが、以下の点から選びました。

  • 赤と青の二色を使っていて、「5」を意識しやすいから
  • 玉が120まであるから(100までのものが多いですが、100以降の数って子供にとって想像しにくいようなので、120まで100の延長で一緒にカウントできることがいいなと思ったから

f:id:yuzu_0306:20190916095550j:plain

幼児からの使い方

1つ1つの玉を動かしながらカウントする

知らないうちに数字の感覚が学べます。例えば10でひとまとまりとか、10が2つで20とかですね。目で見て、視覚でイメージできること、これは算数だけでなく、数学にも通じますね。

→実際に手で触って、目でみて数を認識することが大事だと思います

10を分解してみる

1と9で10、2と8で10、3と7・・・4と6、5と5、6と4、7と3、8と2、9と1で10とやってみるのです。

 娘はあるときに、4+6= 6+4 は同じなの?と聞いてきました。4+6=6+4であることを感覚的に理解したのです。

1年生からの使い方

いよいよ算数の勉強が始まりました。まず足し算から授業で習います。宿題は私のそばでやる習慣になっているので、計算問題を取り組む様子をみていたところ、計算があまりできていませんでした。

そこで100玉そろばんを使って、玉を動かして計算をすることを説明しました。娘は100玉そろばんを使ってみると、正しい計算の答えがでることがわかり、毎回玉を動かして計算をするようになりました。

(たまに面倒くさがって使わないことももちろんあります。そんな時、正しく計算していればそのままやらせて、間違ったときにこの100玉そろばんに戻るように話します)

100玉そろばんをつかって、玉を動かして確認することは時間がかかります。

だんだん計算に慣れてきてきたころ、もうそろばんを使わないで計算してみたら?と娘に話をしても、逆に聞いてもらえませんでした。

しかし、焦ってはいけません!子供はある時期がくると急に出来るようになることがあります。

夏休みの宿題をしていたとき、あるときから娘が自発的に100玉そろばんを使わなくなりました。そして、少し難しい足し算をするときに、100玉そろばんを見ながら(玉は動かさない)、頭で考える様子が見られるようになりました。

100玉そろばんを使って玉を動かして計算をする

 ↓

頭の中で、数を動かすイメージができ始める

 ↓

玉を動かさなくても、頭の中でイメージができるようになる

今後、さらに難しくなる算数で、引き算や繰り上がりや掛け算など、100玉そろばんがどういうふうに役に立っていくか引き続きリポートをしたいと思います。

 

最後に、くもんの100玉そろばんの特徴をまとめます。

  • 安定した台が使われてる→倒れる心配がない
  • 横に倒しても使える
  • 木製の台で角がとれていて、赤ちゃんにも安全
  • 赤と青の2色、5のかたまりを認識できる
  • 仕切り板を使って、二人で遊ぶこともできる(左右にわけてつかえる)
  • そろばん本体に付属しているシート数を後ろに表示させることができる

何気なく使っている数字ですが、実はとても抽象的な概念をあつかっており、数字の並び方や順序を学ぶのに役立つ知育おもちゃが100玉そろばんです。そろばんの使い方を知らなくても問題ありません。