Sakura's Diary ゆずの香りと日々の暮らし

娘の子育てですごく役に立ったものやお勧めの旅行先について記録します

南米旅行⑧ウユニへのフライトの注意点+現地ツアー会社の選び方

遂に、念願のウユニ塩湖へ移動します 

f:id:yuzu_0306:20190923050816j:plain

ラパスからウユニへのフライト

ラパスのエルアルト空港から1時間のフライトでウユニの空港へ移動しました。アマゾナス航空を利用しましたが、まず乗るフライトが1時間遅れで出発し、ウユニに着いたと思って、飛行機から降りたらバスに乗せられ、そのままバスの中で30分間待たされ、バスがやっと動いて、バスから降りたら、目の前にまた再び飛行機があり・・・状況がつかめないまま、再び飛行機に乗るように案内されました。

 

なんと、エルアルト空港に戻っていたのです・・・客室乗務員の方に、「Hello Again」と言われ、えーーー。ありえないよ・・・と思いましたが、ここはアマゾナス航空、何があってもおかしくありません。欠便にならなかっただけよかったと発想を切り替えます。こんな事件もあり、ウユニの空港についたのは極寒の夜中です。

みなさんタクシー待ちで大行列。しかもタクシーはまったく来ません。寒い時期にウユニに夜に到着するフライトは注意が必要です。娘が機内で寝ていて、空港で寒さで起きてしまって、泣き始め、私たちは必死でなだめましたが、泣き止まず。空港の職員の方が、私たちを優先してタクシーに乗れるように手配してくれました。並んでいた皆さんを抜かしてしまい、申し訳なかったです。

私たちは宿にピックアップをお願いしていましたが、当然のように来ませんでした・・・ 

タクシーで宿に着くも、既にホテルは電気が消えており、入り口のチャイムを何度か鳴らしてやっと起きてきてもらえ、中に入ることができました。あのまま気づかれなかったら、超危険です。ホテルの人が起きてくるまで、タクシーにお願いして、行かないでいてもらいました。

 夜遅くつく場合、フロントの人に前もって伝えておいたほうがいいです。

Hodaka MOUNTAIN でツアーを申し込み

翌日は、ウユニ塩湖を観光するツアー会社に向かいました。

  • 乾季でも鏡張りをみることのできる場所はある。行くかどうかはツアー会社次第
  • 日本人しか鏡張りに興味ない
  • 日本人向けのツアー会社を選ぼう

以上の理由から、HODAKA MOUNTAIN に行きました。「穂高」という名前がついていますが、日本人がいるわけではありません。店員さんは英語かスペインを話します。

私たちが行ったのは乾季、Hodakaのお店は空いていました。お客さんさんはもう1組(日本人)しかいません。事前に調べていった情報によると7人分の名前を書く紙が貼られていて、参加人数によって料金変動するものだと思っていましたが、日本人はこの時期あまり来ないみたいで、私たち家族のみ参加のプライベートツアーになりました。

結果だけ先に記載しますが、バッチリ鏡張り見れました!!!

乾季だから鏡張りは見れないというわけではありません!!!

ウユニには2日間滞在するので、

  • 1日目はFull Day tour +Sunset (10:30-20:00)
  • 夜はStar Light Tour (23:00-3:00)
  • 2日目は Day Time tour (10:00-16:00)

に申し込みました。

主人がどうしても来たかったウユニ塩湖なので、がっつり楽しみます。

他にも、朝日を見るツアーなどもありました。所要時間は目安で、実際にはもっと早く終わったりもしました。Sunset ツアーは、日が沈んだら終了なので、19時にはホテルに着いていました。

Star Tourは私たちだけしか参加していなかったので、主人が星空の写真を沢山とって満足したら帰ってきました。車の外は極寒なので、たまに車から出て、満点の星空をみて、車に戻り、温まってを繰り返していました。