Sakura's Diary ゆずの香りと日々の暮らし

娘の子育てですごく役に立ったものやお勧めの旅行先について記録します

娘が本を好きになったきっかけの絵本棚 表紙が見えると子供が選びやすい!

子供に本を読んで欲しい、本が好きになって欲しい

娘は1歳のときから、1年生の今も本を読むことが好きです。

恥ずかしながら、私は社会人になって読書の重要性に気がつきました。娘には本を好きになってほしいと思って、どうしたらいいか考えてました。以下のことを試して、結果、本を読むことは好きなようなので紹介したいと思います。

  • リビングに本棚を置く
  • 絵本の表紙が見える絵本棚をセレクト
  • 子供が本を読んでと言ってきたら、どんなに疲れていても、家事をしていても、すぐに絵本を読んであげる
  • 子供がもう一回読んでとリクエストしてきたら、断らない 
  • 寝る前に好きな本を最低1冊は読む

    f:id:yuzu_0306:20191114071638j:plain

     

子供の視界に入るように本を置いておく

リビングに本棚を置くといいですよ!とよく言われていることですね。その中で、私は絵本棚に興味を持ちました。小さい子は、背表紙だど何の本なのか理解できないので、表紙が子供から見える仕様を気に入りました。

そのため、カラーボックスを買う予定でしたが、絵本棚に変更しました。

子供が本を選びやすくて正解だったと思っています。

我が家はこちらを購入しました。私が買ったときよりも、角が丸くなってより安全になっていたり、改良されているみたいです。

おもちゃを収納できるスペースも捨てがたいので、下半分は収納ボックス(キャリー付)で、絵本の棚は3段あり、横幅も広めなので小さいうちはこれで十分です。収納ボックスの取っての動物もかわいいのがお気に入りです。 

    


 

 

本を読んでもらえることがうれしいと思ってもらえる!

私は働いていて、家に帰るとやることがたくさんあるし、疲れていて、子供とずっと遊んだりすることは体力的にも厳しい状況でした。でも、娘が本を読んでと持ってきたら、ご飯をつくっていても、いったんストップして、その場で本を読んであげました。そのおかげか、ママはおままごとはすぐに遊んでくれないこともあるけど、本は読んでくれるから、本は自然と生活の一部となりました。

子供がもう一回読んでとリクエストしてきたら、断らない

子供が小さい頃に読む本はすぐ読み終わることができるので、もう一度読んでリクエストは、10回までがんばって聞いていました。それ以上は親がつらい・・・。その後は子供の注意をほかの事に向けて、おしまいにしました。

同じ本を繰り返し読むことは、子供にとって意味があることだと聞きました。内容を知っている本に安心感を覚えるらしいのです。

このことを知ったのは、読み聞かせを始めてから随分たったころだったのですが、自分がやっていることが間違っていなかったことに安心しました。そして、もっと早くから知っていたら、子供のもう一回読んでリクエストに対して、もっと寛容に向き合えたのかもと思い、そのころから育児ブログを読むことが楽しくなりました。

寝る前に好きな本を最低1冊は読みきかせ

読書を習慣化するために、毎日決まったルーティンに組み込みました。娘はとにかく寝る直前まで遊びたいという子供だったので、寝る前に本を読むことを取り入れることは簡単でした。