Sakura's Diary ゆずの香りと日々の暮らし

娘の子育てですごく役に立ったものやお勧めの旅行先について記録します

Z会1年生(算数11月号)さいころゲーム

Z会1年生の11月号算数のテキストのはってん問題に挑戦

二人でさいころをふって大きい数を出した人が、階段を下りていき、何段目にいるか答える問題です。

「はってん」マークがついているので、難易度高めです。

f:id:yuzu_0306:20191122104315j:plain

娘には、1人で解くには難しいかったようなので、1つずつ問題を一緒に整理しました。

  • さいころの目が多い人が、その目の分だけ進む。⇒もう一人は動かない 
  • 最初は12段目にいる
  • 1回目は、「ひかるさん」が4段下がる

1回目、ひかるさんは4段下がるので、何段目にいるか? ⇒ 娘「??」

全くイメージがわかないようで、一旦やめにして、母は考えました。

f:id:yuzu_0306:20191122104320j:plain

レゴで階段を作ろう!

階段を作っている途中で娘が「何を作っているの?」と興味を持ち始め、「階段の問題をわかりやすくするために作っているの」とお勉強の題材であることを話しても、お花を置いたり、カスタマイズを始めてしまいました。

でも、お勉強の道具なのに、興味が引けた時点でこちらに少し分があります。

さて、きりんさん(=ひかるさん)としまうまさん(=あかりさん)が、さいころを振ります。一回目は、きりんさんが4段下がります。2回目は、きりんさんが6段下がります。

実際に目でみて、手を動かして、イメージを頭の中に作ります。

その結果、きりんさんは下から2段目にいます。答えは2段目、式よりもまず答えが出ました。

1回目の4段下がった時点で、きりんさんは、下から数えると8段目にいます。「12-4=8」ということは、感覚的に娘も理解できた様子。

2回目さらに、6段下がると、「8-6=2」も理解できました。

「12-4=8」と「8-6=2」を組み合わせて、「12-4-6」とするのはまだ難しいようです。

頭を使って考えること

はってん問題なので、正しい答えを出すことをゴールにするのではなく、

  • 問題文の意味を考える
  • 式と問題文を結びつける

このことをじっくり考えることに頭を使って、それだけで十分だと思っています。