Sakura's Diary ゆずの香りと日々の暮らし

娘の子育てですごく役に立ったものやお勧めの旅行先について記録します

百ます計算ドリル始めてみた

有名な「百ます計算ドリル」に挑戦!

いろんな冊子や雑誌でずっと気になっていた百ます計算ドリル、ついに我が家でも購入しました。学校の先生に、「百ます計算はいいですよ~」と言われたのをきっかけに始めます。

我が家が買ったのはこちら。

全学年に対応と書いてあります。

開くと、百ますドリルなだけあって、百個の問題がのっています。

正直、えっ、いきなり100問、これ一年生にはきつくない!?と母は思いました。

そこでネットで調べてみると、

学年別100マス 小学1年生 

なるのもが、あるではありませんか。どうやらこちらでは、10問ごとに分かれているようで、見やすい。一年生には30問くらいが適度と書いてあります。こっち買えばよかった!と思いましたが、もったいないので、買ったドリルを1日に30~40問ずつ取り組むことにしました。

1枚目をやってみた

不正解は、100問中2問でした。

さて、100マスドリルは同じ問題を14日続けて解くことが特徴なドリルです。

次の2枚目も、もちろん同じ計算問題のペーパーです。同じ問題を14回繰り返し解くことで、どう変化があるのか楽しみにしています。